弁護士費用の種類

法律の専門家である弁護士に対し相談したいことがあっても、費用のことが心配であきらめてしまう人が少なくありません。
弁護士費用は、各弁護士が基準を決めることになっており、一概にいくらということはできません。
同じ相談や依頼内容でも、弁護士によってかかる金額には違いがあります。
以下に主な弁護士費用の種類をまとめましたので、特徴をチェックし、弁護士に依頼する際には総額でいくらかかるのかを十分に確認しましょう。

弁護士費用には、弁護士に法律相談をする際にかかる「法律相談料」、弁護士に対し事件を依頼した際に支払う「着手金」、事件が成功に終わり、その成功の度合いに応じて支払う「報酬金」、書面によって法律上の判断や意見の表明を依頼者に行なう場合に発生する「鑑定料」、契約書や遺言などの作成、遺言執行、会社の設立、登記、登録などを依頼する場合に発生する「手数料」、弁護士と顧問契約を交わし、契約内容に基づいて継続的な法律事務が行なわれることで発生する「顧問料」、弁護士が受任した事件で被疑者や被告人、少年と接見・面会を行なうたびに発生する「接見・面会費用」、弁護士が裁判所の日や示談交渉の場など、事務所外で事務処理を行なう場所に出頭するたびに発生する「出頭費用」、弁護士が依頼を受けた事務処理を行なうため、移動が必要になった場合、その拘束に対して発生する「出張日当」などがあげられます。

当サイトではほかにもどのタイミングでどの名目の費用が発生するのかわかりやすく解説しています。
また、いつ支払うのかについても説明していますので、気になるという人は、あわせてご覧になってみてください。



▼外部サイト
法律の専門家である弁護士へ借金に関する相談ができます ・・・ 借金